フィリピン英語を学ぶデメリットは、何でしょうか。メリットがあると言う事は、デメリットも存在しています。良いことばかりでは無いと言う事をきちんと知った上で、メリットと比べてみて、メリットの方が大きかった時に、人は買いだと思うでしょう。このように、体験にお金を出す場合も同様です。フィリピン英語留学のデメリットを一つ一つ考えていきましょう。

まず1つ目は、フィリピンと言う国は、あまり治安が良くない国だと言うことです。時たま、事件があったりして治安が悪いと言うイメージを持たれているフィリピンですが、実はあまり治安の良いと言える国ではありません。場所によっては、深夜の外出などは、避けるべきですし、一人での行動もあまりお勧めではありません。旅慣れた方でしたらそこまで問題無いかもしれませんが、ちょっとした隙に詐欺にあったりなどと、騙す人も残念ながらたくさんいる国であることは確かです。

特に多いのが、スリなどの被害です。東南アジアなどの国ではよくあることですが、ズボンのポケットなどにいれておいた財布がいつの間にか無くなってたり、携帯電話なども同様です。バッグの中にいれておいても、知らないうちに取られてることなどもあるので、注意が必要です。喫茶店やレストランなどで、デーブルの上に携帯を出しっぱなしにするのも言語道断でNGです。自分の身、自分の持ち物は自分で守る位じゃないと、フィリピンではやっていけません。きちんと、財布や貴重品などの管理は行うようにしていれば、そこまで問題は無いでしょう。

また、ご飯が合わないと悲惨だと言うのも、フィリピン英語を学ぶデメリットと言えます。日本食しか食べられない人にとっては、地獄かもしれません。海外のご飯と言うのは、辛かったり甘かったりと、口に合わないものが多いのも事実です。香辛料がたくさん使われていて、香辛料が合わないと言う方は、かなり辛いことになるでしょう。ご飯もパサパサのお米だったりと、色々と問題点があったりします。ただし、ご飯などは、自炊が出来る環境があれば、自炊をすれば良いですし、チャーハンなどでしたら、そこまで問題なく食べられたりするので、食べられるものを見つけると言う手もあります。

また、日系の学校を選ぶことによって、ご飯の問題は解決されたり、ちょっと生活費が高くなりますが、ご飯は日本食レストランに食べに行くなどと工夫をすることによって、対処出来るので、そこまで最大のデメリットと言うことにはならないでしょう。

フィリピンの人たちは、英語を上手に使いますが、アメリカの滑らかな英語と言う程ではありません。そのようなことを気にする方は、フィリピン留学は辞めた方が良いかもしれません。あくまでも、英語を話せるようになることが目的の方であれば、フィリピン英語留学で充分でしょう。

以上のように、フィリピン英語を学ぶデメリットを見てきましたが、デメリットはメリットに比べてさほど大したことの無いことばかりでは無いでしょうか。これをどれくらいのデメリットだと感じるかによって、フィリピン英語留学に行くか行かないか、判断するのも一つの方法でしょう。