フィリピン英語留学は、学校の寮に滞在するのが主流です。フィリピンでは、ホームステイなどはほぼありませんし、ホテルに滞在して学校に通うとなると、滞在費も上がってしまう為、フィリピン英語留学は低予算を売りにしてる為、寮での滞在というのが主流になっている為です。

また、寮付きで基本的に食事も3食ついてるのがフィリピン英語留学です。3食付いてるとなると、メニューが気になってきますね。フィリピン英語留学のメニューは、学校によって異なってくるというのが答えです。まず、日本資本の学校に行けば、日本食が普通に食べられることになりますし、通常日本で食べてるお米が食べられる学校もあります。フィリピンのお米は、パサパサのアジア米なので、日本のお米が食べられるのは、かなりありがたいですね。

また、フィリピン資本の学校に行けば、フィリピン料理が主流だったりします。フィリピンの料理は、基本的に日本人の口に合うと言われている料理が多く、多少脂っこい料理が多いですが、食べられないことはない料理が多いようです。そのため、あまり食にこだわりのない方、なんでも基本的に食べられる方であれば、特に困ることはないでしょう。

フィリピン英語留学でかなり多いのが、韓国資本の学校です。韓国資本の学校ということは、食事は基本的に韓国料理になるということになります。韓国料理とは、皆様ご存知のとおり、辛いものがとても多い食事となってくるので、辛いものが苦手な方にとっては、とてもじゃないけど食べられるものではありません。そのため、学校選びをする際に、食べ物の好き嫌いがある方は、色々と注意が必要になってきます。毎食キムチが出てくるような環境で、食事にがっかりして、勉強に身が入らないなんていうことになってしまっては大変だからです。

学校によっては、韓国資本の学校でも、韓国人向けの食事、中国、日本人向けの食事と分けてくれる所もあるようなので、そういう学校を選ぶと安心して食事をすることが出来そうですね。また、日本人のシェフを雇ってる学校などもあり、日本資本の学校じゃなくても、日本食が食べられる所もあるので、そのような学校を選ぶのも良いかもしれません。寮の食事はたまににして、外食をするというのも寮の食事に飽きたら出来るでしょう。

レストランなどに行かず、街の食堂に行けば、かなり安い値段で定食などを取ることも出来るので、そこまで心配しなくても大丈夫です。日本の定食屋さんなどもあるので、そのような所を利用するのもありでしょう。まずは、留学がこんなはずじゃなかったという事にならない為にも、留学前に食事の事もリサーチしておく事をお勧めします。外食でも、定食屋さんであれば、500円も出せばかなり色々食べられる国ですし、地元の人たちが利用するような食堂であれば、200円位でお腹いっぱい食べられたりもします。レストランに行ったとしても、千円もだせば、そこそこ食べる事が出来るので、日本と比べものにならない位物価が安いということになります。

また、南国ならではのフルーツなども沢山、しかも安い値段で食べることが出来るので、フルーツ好きな方にとってはたまらない環境となるのではないでしょうか。