留学すると決めた時に、まず気になるのは物価や生活環境なのでは無いでしょうか。旅行に行くのであれば、物価などはそこまで気にしませんが、ある程度の期間住むとなると、物価はかなり重要になってきます。それでは、フィリピンの物価はどうでしょうか。

フィリピンの物価は、基本的にかなり安いと言われています。どれ位安いのかと言うと、日本と比べると3分の1から4分の1程度と言われています。ものによっては、10分の1程と、もちろんものなどによっても異なってきますが、それ程安い値段で生活する事が出来るのがフィリピンです。例えば、何かものを買う時、お菓子などでしたら日本円で100円もだせば結構な量を買う事が出来ますし、食堂での食事も、庶民が行くような所に行けば、1食100円程度で食べる事が出来ます。地元の人たちが通うハンバーガーショップに行けば、やはり100円もあれば、ハンバーガー、ポテト、ジュースのセットを食べる事が出来ます。

反対に、ケンタッキーやスターバックスなど、全国チェーンのお店はさほど安くありません。日本よりも100円から200円程安い位なので、地元の人たちの給料でこれらのケンタッキーやスターバックスに行くのは大変な事でしょう。

タクシーなども、日本だとそうそう乗る事がありませんが、フィリピンではある程度の距離を移動しても200円程度で済む為、安全の為にタクシーで移動したほうが良い場合もかなりあります。クリーニングなども日本と比べ物にならない位安く出来るので、勉強に集中したいのであれば、クリーニングなどを利用するのも一つの方法でしょう。

レストランでお腹いっぱい食べても、一人あたり1000円もかからない事が殆どです。夜遊びをしても、そんなお金がかからない為、留学中休みの前の日はナイトスポットに繰り出す人も多いようです。勉強に集中する為に遊ぶのはよい事ですが、あくまでもフィリピンであるので、ハメを外さない程度の遊びにする事が、安全に留学するコツとなっています。

また、フィリピンの生活環境はと言うと、留学先の寮に泊まる事が殆どなので、基本的に寮と学校の往復になるでしょう。3食ついている為、どこかにご飯を食べに行く事もそうそうありませんし、中には休みの日の食事はつかない学校もあるので、そういう時だけ外食するなどと言う事になるでしょう。寮の近くに、食事を取れる所はあるはずなので、あくまでも勉強に集中したいのであれば、広範囲に移動する事なく、寮の周りを生活圏内にしてる分には、そうそう危ないと言う事も無いでしょう。

治安があまり良くないと言われてるフィリピンですが、治安が悪い所に学校を作ったりはしないので、学校の周りは安全です。学校の施設内は厳重に警備されてる為、不審者の侵入もほぼ無いでしょう。

デパートなどのショッピングセンターなどもあるので、何か買い物をしたいと言う時にも困る事は無いでしょう。セブ島などであれば、旅行客向けの施設なども沢山ある為、休みの日に観光をする事も出来ますし、海が綺麗なので、海で遊ぶ事も可能です。ちょっとした休みに海で遊んでみる事で、息抜きが出来て、また勉強に集中出来るようになるでしょう。食事もフィリピンの食事は日本人の口に合うとされている為、安心して食べる事が出来るでしょう。万が一フィリピンの食が合わなくても、色々な国の料理が揃ってるので、そこまで食事に苦労する事も無いでしょう。

以上のように、フィリピンは物価が安く、食事も美味しく過ごしやすい所であると言う事がメリットで、デメリットはと言うと、多少治安に問題があるので安全な所を選ぶ事が重要でしょう。