フィリピンの治安は、フィリピン英語留学をしようと思ってる方にとってはとても気になる所なのではないでしょうか。実際の所、フィリピンの治安が心配で、フィリピンになら留学出来る資金はあるんだけど、躊躇してしまうと言う方も結構いるようです。あまり安全とは言い難いフィリピンですが、気をつけてさえいれば、大丈夫な地域も沢山あります。

例えば、留学先をフィリピンの中で比較的安全だとされているセブ島を選ぶなどと、まず場所で選んでしまうのも一つの方法です。セブ島は観光地の為、そこまで危ない目に合う確率はかなり減るでしょう。もちろんセブ島の中でも、色々な場所がありますが、危ない場所には絶対に出入りしない事に決めていれば、危ない目に合う可能性はかなり低くなります。なぜ、そんなに治安が悪いのかと言うと、フィリピンの貧富の差にあります。貧しい人たちが、ストリートチルドレンなどになり、犯罪に及んだりと、貧しすぎるが故の犯罪が後を絶たない国なのです。

そのようなエリアに極力近づかないようにすれば、危ない目に合う事もそうそうなくなります。まず、移動はタクシーと決めるなどと、危ないエリアを経由するような手段の使わないのがまず一つの方法です。タクシーに乗るにしても、複数名で乗るなどと、気をつける事によって、更に安全性は高まります。また、外出の際には、あまり持ち物を持って外出しない事です。大きな荷物、高級そうなバッグなどを持ってると、狙われてしまうので、そのような持ち物は一切持ち歩かない事です。

財布も、小銭、または使う分だけ持ち歩く事をお勧めします。そうすることによって、被害を最小限にすることも出来ます。スマートフォンなどは、盗まれるものの代表格と言われていて、スマートフォンを持って外出すると、かなりの確率でスリにあったりすることがあるので、気をつけなければなりません。お店などに入ってテーブルの上にスマートフォンをおいたままにしておくと、盗んでくださいと言ってるようなものだそうです。そのような国であると言う事を頭の片隅にきちんと置きながら、生活することによって、トラブルは未然に防ぐことが出来ます。

自分が気をつけることによって、かなりのトラブルを防ぐことが出来ます。日本と同じと考えてはダメで、その国にはその国の掟があると言う事をきちんと認識していれば、トラブルに巻き込まれるなんてことも防ぐことが出来るでしょう。

まとめると、比較的安全と言われてる地域を選ぶと言う事、その中でもきちんと行く前に危なそうな場所などは調べておき、危険な地域には近寄らないようにすると言う事。移動の際には、大人数での移動を心がけると言う事。夜はあまり出歩かないようにする事、外出時は、貴重品は持ち歩かない事。などと、気をつける事によって、かなりのトラブルは防ぐ事が出来ると言う事になります。治安の心配はありますが、自分自身が気をつけていれば、フィリピンもそこまで治安が悪いと言う訳ではないでしょう。治安を心配して留学を諦めるか、もしくは、治安は自分で対策をきちんと取り、安価で英語留学が出来るフィリピンを選ぶか、どちらが良いのかはその人にとってのメリット、デメリットを考えた時に決まるでしょう。まずは、旅行で様子を見に行ってみると言うのもありなのではないでしょうか。